【児童書】『ふたごのかがみ ピカルとヒカラ』高山なおみ作、つよしゆうこ絵

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふたごのかがみ ピカルとヒカラ

『ふたごのかがみ ピカルとヒカラ』

著者
高山なおみ [著]/つよしゆうこ [イラスト]
出版社
あかね書房
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784251051011
発売日
2020/04/30
価格
1,980円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『ふたごのかがみ ピカルとヒカラ』高山なおみ作、つよしゆうこ絵

[レビュアー] 産経新聞社

 男の子のピカルと女の子のヒカラは、森の奥に住む双子の鏡。そのおなかには日々の自然、季節のうつろいが映される。ここでずっとヒカラと一緒にいたいと願うピカル。だが、ヒカラは見たことのない風景にあこがれていた。ある晴れた日、おなかに雲を映していたヒカラが空に舞い上がり、ピカルが後を追う−。

 料理家、文筆家の作者自身も双子だったことから生まれた絆の物語。銅版画に着彩するなどした絵、2枚の鏡をモチーフにした装丁も幻想的で、引き込まれる。(あかね書房・1800円+税)

産経新聞
2020年5月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加