「聖なる痴者」を愛した青年の純愛物語

レビュー

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白痴

『白痴』

著者
坂口 安吾 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784101024011
発売日
1949/01/03
価格
572円(税込)

書籍情報:openBD

「聖なる痴者」を愛した青年の純愛物語

[レビュアー] 川本三郎(評論家)

「聖なる痴者」の物語というものがある。

 知能が少し足りないかもしれないが、それだけに現実に汚されておらず無垢な心を持っている。映画ファンならフェリーニの『道』を思い浮かべるだろう。

 小説なら坂口安吾「白痴」。終戦直後の混乱期、昭和二十一年に発表された。

 戦争末期、東京の蒲田あたり。「妾や淫売」が住む安アパートが並ぶ。二十七歳の青年はその一画の掘立小屋に住む。文化映画を作る会社にいる。どうも徴用逃れらしい。

 すでに東京空襲は始まり町にも被害は及んでいる。通りには焼死体が「焼鳥」のようにころがっている。

 青年は近くに住む美しい人の妻と知り合う。彼女は知能が足りない。いつも義母に怒られておどおどしている。ある日、青年の部屋に逃げ込んでくる。

 すでに前途になんの希望も持てず虚無的になっている青年は、彼女の心のなかにこそ美しさを見出す。そして空襲の夜、なんとか彼女を守って逃げる。

「聖なる痴者」を愛した青年の極限状況下の純愛が切なく胸を打つ。

 安吾には二十歳で死んだ姪がいた。子供の頃から結核で寝たきり。十九歳になっても肉体精神とも十三、四歳くらい。もうすでにこの世にいないかのよう。

「白痴」の女にはこの姪が反映されているのかもしれない。「俺にもこの白痴のような心、幼い、そして素直な心が何より必要だったのだ」。「俺」はこの女に救われている。

新潮社 週刊新潮
2020年5月28日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加