『文豪と借金』「文豪と借金」編集部編

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文豪と借金

『文豪と借金』

著者
「文豪と借金」編集部 [編]
出版社
方丈社
ISBN
9784908925627
発売日
2020/04/20
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

『文豪と借金』「文豪と借金」編集部編

[レビュアー] 産経新聞社

 「弱い心を何度も叱り、金かりに行く。」(石川啄木「悲しき玩具」)−なんとも切なくなる一節だが、啄木は周囲の人に借金をしまくり、しかも返さないことも度々だったという。

 啄木だけでなく、昔の文豪は常に借金だらけで、それをネタにした小説や随筆を集めた本書。前書きで文豪が借金をする理由を「金がほしいのではなく、人間関係を壊したくないから」と分析しているが、さてどうだろう。

 「あるやつが出せばいいんだから」(川端康成)と借金を踏み倒すのもどうかと思うが、借金への対応に人間性が表れるのがよく分かる。(方丈社・1400円+税)

産経新聞
2020年5月31日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加