英文法をこわす 大西泰斗著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英文法をこわす

『英文法をこわす』

著者
大西 泰斗 [著]
出版社
NHK出版
ジャンル
語学/英米語
ISBN
9784140886212
発売日
2020/04/10
価格
935円(税込)

書籍情報:openBD

英文法をこわす 大西泰斗著

[レビュアー] 飯間浩明(国語辞典編纂者)

 高校の英文法の知識だけでは、どうも自然な英文が書けない。ちょっとした短文を書くだけでも不安になり、いちいちネイティブの表現の例をウェブで検索してしまう。

 著者も、機械的な学校文法には限界があると述べます。たとえば、現在完了。用法の4分類を習い、試験でも「次の文の用法はどれに当たるか」なんて問われる。でも、実際には、どれにも当てはまらない例も普通にある。

 ここで重要なのが、語や文型の「イメージ」(感覚)を把握すること。現在完了の場合、過去のできごとが現在に迫る「ズームアップのイメージ」があるといいます。親が「石を投げるなと言ったでしょ」と子を叱るとき、「have told」を使う。以前叱ったのに、それが守られていないと、視点を現在に移すイメージでしょうか。

 日本語学習でも「とる」「かける」「……のだ」などの意味の本質が分かると有利です。同様に「take」「the」「……ing」などのイメージを把握できれば、より自由に英語が使えそう。本書の主張に納得しました。NHKブックスの新書化。(NHK出版新書、850円)

読売新聞
2020年5月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加