『明治・大正・昭和 九州の鉄道おもしろ史』 弓削信夫 著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治・大正・昭和 九州の鉄道おもしろ史

『明治・大正・昭和 九州の鉄道おもしろ史』

著者
弓削 信夫 [著]
出版社
西日本新聞社
ジャンル
産業/交通・通信
ISBN
9784816708855
発売日
2014/06/10
価格
1,870円(税込)

書籍情報:openBD

『明治・大正・昭和 九州の鉄道おもしろ史』 弓削信夫 著

[レビュアー] 西日本新聞社

九州豪雨被災で一部不通が続くJR日田彦山線。3年ぶりでバス高速輸送システム(BRT)による復旧が決まった彦山-宝珠山駅間には、実は奇妙な因縁がある。線路は小倉側と日田側の南北から延伸したが、戦時中の資材不足で工事が止まり、19年間も未開通のまま放置された。戦争に次いで豪雨に翻弄される歴史を知ったのはこの本のおかげ。他にも、佐賀県の温泉町が「泥棒が増える」と鉄道建設に抵抗した話など、面白いエピソード満載。1870円。ビジネス編集部=092(711)5523。

西日本新聞
2020年6月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

西日本新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加