直木賞作家荻原浩が漫画「だから」描きたかった世界 書評家:藤田香織が読む「人生がそんなにも美しいのなら 荻原浩漫画作品集」

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生がそんなにも美しいのなら 荻原浩漫画作品集

『人生がそんなにも美しいのなら 荻原浩漫画作品集』

著者
荻原 浩 [著]
出版社
集英社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784087717075
発売日
2020/04/24
価格
1,320円(税込)

書籍情報:openBD

直木賞作家荻原浩が漫画「だから」描きたかった世界 書評家:藤田香織が読む「人生がそんなにも美しいのなら 荻原浩漫画作品集」

[レビュアー] 藤田香織(書評家・評論家)

驚いて手に取り、驚いて何度も読み返す、直木賞作家による漫画作品集

 作家としてデビューする以前のコピーライター時代には、好んで絵コンテをよく描いていた、と聞いた。毎日新聞で連載されていたエッセイ(『極小農園日記』所収)のイラストを、自ら申し出て描いたことも知っていた。絵は昔から好きで、描くことが楽しく、一時期は絵画教室にも通ったと伺ったこともある。
 でも、だからといって、である。
 三年半ほど前、『海の見える理髪店』で直木賞を受賞され、作家生活二十周年を目前にしての取材時に、「今後どんな作品を書いていきたいですか? 」と、ごくありきたりな質問をしたところ、「漫画を描きたいんだよね」と、想定外すぎる応えが返ってきたのだ。思わず「はぁ?? 」と、失礼極まりない問い返しをしてしまったほど驚いた。
 好きこそ物の上手なれ、とは、言うは易く行うは難しだ。なにも直木賞作家が、わざわざ苦労して漫画なんて描かなくても。私だけでなく、たぶん多くの人がそう思っただろう。そんなに簡単に描けるものでもなかろうに、とも。
 ところが、その翌年の二〇一七年、「小説すばる」に十ページの短編「祭りのあとの満月の夜の」が掲載され、以来、漫画家・荻原浩は作品を発表し続けてきたのである。
 その初の作品集となる本書に収められた八作は、自著のコミカライズではなく、全てオリジナル作品だ。多彩な荻原作品のなかで敢あ えて世界観が近いものを選ぶなら『押入れのちよ』、『月の上の観覧車』、『逢魔が時に会いましょう』だろうか。ユーモアと郷愁、少し怖くて切なくて優しいけれど、すっと背筋が伸びる。「ある夏の地球最後の日」は、最後の一コマ以外に一切のセリフもト書きもない。「夏」と書けば一文字、「少年」と書けば二文字ですむのに、時間をかけて絵を描き物語を「見せて」いく。
 自己満足ではなく、読者を楽しませる域に達するまでの苦労は当然あっただろう。けれど、それは挑み甲斐のある挑戦だったに違いない。直木賞作家が、漫画「だから」描きたかった世界は、想定以上の驚きに満ちている。

藤田香織
ふじた・かをり●書評家

青春と読書
2020年5月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

集英社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加