明日咲く言葉の種をまこう 岡崎武志著 春陽堂書店

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明日咲く言葉の種をまこう

『明日咲く言葉の種をまこう』

著者
岡崎武志 [著]
出版社
春陽堂書店
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784394903680
発売日
2020/03/27
価格
2,200円(税込)

書籍情報:openBD

明日咲く言葉の種をまこう 岡崎武志著 春陽堂書店

[レビュアー] 通崎睦美(木琴奏者)

 小説、随筆、評論、詩集、漫画から映画やドラマの名セリフまで。幅広いジャンルからセレクトした、100の言葉をテーマに書かれた100編のエッセイ。

 <わが生は かくのごとけむ おのがため 納豆買ひて 歸(かへ)るゆふぐれ>(斎藤茂吉)。著者はこんな歌が身に沁(し)みる63歳。<今日は今日の悔を残して眠るべし 眠れば明日があり闘いがある>。山崎方代の1首を手帖(てちょう)の扉に書き付け、物事に立ち往生した時などよく読むそうだ。

 金のみで生きる拝金主義からは名言が生まれないと考える著者は、<正直に生きるということは それだけでもいいものだぞ>と、山本周五郎「主計は忙しい」からの言葉を引く。

 本書の面白味は、幅広い引き出しから言葉が繋(つな)がっていくさまである。例えば、<スランプってないんですよ。トップに立とうと思ってませんから>。イラストレーター・和田誠の一言から、河野多惠子が紹介する先輩作家、伊藤整の<努めて素直になりなさい。拗(す)ねてはいけません。素直になるのが、スランプから抜け出す最短の道です>を導き出す。原典を読めば、さらなる広がりがのぞめるだろう。

 膝を打ったのは、<小さいことについては悩め、大きなことについては即断しろ>。内田樹、平川克美、名越康文による鼎談(ていだん)『僕たちの居場所論』(角川新書)からニーチェの言葉らしい、という名越の発言。大きなことは、普段からそのことについてちゃんと用意しているので、自然と結論が出る、ということのようだ。コロナ渦中の為政者には、耳の痛い言葉なのではないだろうか。

 サーファーのジェリー・ロペスのこんな名言も気に入った。<挑むのではない、待つのでもない。波そのものになる>。いつの日か、木琴の演奏においても、そんな境地に達してみたいものだ。

読売新聞
2020年6月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加