鴻上尚史のもっとほがらか人生相談 鴻上尚史著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鴻上尚史のもっとほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

『鴻上尚史のもっとほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋』

著者
鴻上尚史 [著]
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784022516848
発売日
2020/05/07
価格
1,430円(税込)

書籍情報:openBD

鴻上尚史のもっとほがらか人生相談 鴻上尚史著

[レビュアー] 南沢奈央(女優)

 悩んだ時に鴻上さんに相談したくなってしまうのは、どうしてだろう。

 約4年前に舞台でご一緒してから、何かに悩むと、鴻上さんの顔が浮かぶ。時に厳しいことも言われて、ぐぐぐと考え込むことがある。

 さまざまな世代の多種多様なお悩みに答えていく本書でも、相談したことで、結果考えるお題が増えるような回答が多い。それは鴻上さんの相談に乗る目的が、気持ちを和らげるとか、その場だけ乗り切るとか、一時的な解決ではないからだ。

 たとえば、妊娠中に夫が浮気していたことが分かって復讐(ふくしゅう)ばかりを考えてしまうという相談者に対して、「名案は思いつきません」と断言してから、何ページにもわたって質問を投げかけ続ける。離婚したいですか? 浮気は続いていますか? 夫との仲はどうですか? どんな復讐をしたいですか? 等々……。「悩むこと」から、心の整理に繋(つな)がる「考えること」へ、根気強く導いてくれる。

 最終的に動くのは自分自身。そう自覚させ、第一歩に必要な冷静さと大きな勇気をくれるのが、鴻上さんなのだ。(朝日新聞出版、1300円)

読売新聞
2020年6月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加