橋野薫、込山駿著「平尾誠二を語る」

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平尾誠二を語る

『平尾誠二を語る』

著者
橋野 薫 [著]/込山 駿 [著]
出版社
草思社
ジャンル
芸術・生活/体育・スポーツ
ISBN
9784794224521
発売日
2020/04/24
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

橋野薫、込山駿著「平尾誠二を語る」

[レビュアー] 鈴木洋仁(社会学者・東洋大研究助手)

 楕円(だえん)球を抱えて男が走る。日本で昨年開かれたワールドカップを機に、このラグビーに魅せられた方も少なくないだろう。この男・平尾誠二は、「ミスターラグビー」と呼ばれ、4年前に53歳で亡くなった。彼と交流を持った人々に取材した本紙オンライン連載が濃厚な1冊にまとまった。

 ノーベル賞受賞者、棋士、元プロテニスプレーヤー、といった各界の著名人も語る。

 正しい分析と細かい計画、状況判断、個性の活用など、平尾の語った言葉は、どれもビジネスや教育にも生かせるかのように鋭く聞こえる。

 しかし、本書のふんだんな美しい写真を眺めるうちに、彼の表情はラグビーにおいてこそ最も光るのだとわかる。

 伝説のプレーはどのように生まれたのか。平尾だけではなく、競技そのものの魅力を聞き手が語り手からとことん引きだす。主役はさらに輝く。

 文化人よりもラグビー人の彼を多彩な角度で描くから、本書は素晴らしい。(草思社、1600円)評・鈴木洋仁

読売新聞
2020年6月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加