【気になる!】文庫『民警』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

民警

『民警』

著者
猪瀬 直樹 [著]
出版社
小学館
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784094067798
発売日
2020/06/05
価格
682円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『民警』

[レビュアー] 産経新聞社

 日本の民警こと民間警備会社の歴史は、昭和37年に2人の若者が始めた日本警備保障(現セコム)に始まる。そして、同社に39年の東京五輪で選手村の警備を発注した元内務官僚が40年に綜合警備保障(ALSOK)を創立し、続いた。

 まだ警備業に対する世の中の認知がないなか、テレビドラマや学生運動、連続射殺魔事件、三億円事件などをきっかけに注目され、急成長。ITの導入、治安情勢の変化もあり今や公警察のパートナー、「社会システム産業」といわれるまでになった。

 その歩みを硬軟取り混ぜたエピソードとともにたどる本書。読み応え十分だ。(猪瀬直樹著、小学館文庫・620円+税)

産経新聞
2020年7月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加