『鬼滅の刃 風の道しるべ』矢島綾 刊行記念エッセイ 「漫画と小説の間」

エッセイ

23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼滅の刃 風の道しるべ

『鬼滅の刃 風の道しるべ』

著者
吾峠 呼世晴 [著]/矢島 綾 [著]
出版社
集英社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784087034981
発売日
2020/07/03
価格
770円(税込)

書籍情報:openBD

『鬼滅の刃 風の道しるべ』矢島綾 刊行記念エッセイ 「漫画と小説の間」

[レビュアー] 矢島綾(作家)

漫画と小説の間

吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)先生による『鬼滅(きめつ)の刃(やいば)』第一話を誌面で読んだ時、目を閉じては嘆息し、ジャンプを一旦閉じる、また開くということを延々と繰り返しました。
(どうしよう、ものすごく好きな作品に出会ってしまった……! )
 という時の癖なのですが、それが出てしまう程、衝撃的でした。
 ああ、この美しい物語をリアルタイムで読み進めていけるなんて、なんという僥倖(ぎょうこう)── そう噛みしめることおよそ三年、幸福にもノベライズのお話をいただき、第一作『しあわせの花』を書かせていただきました。

 この度、出版された『風の道しるべ』はシリーズ三作目になります。
 前作『片羽の蝶』では、幼き日の胡蝶(こちょう)姉妹と岩柱(いわばしら)・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の幕間をメインエピソードとして書かせていただきましたが、今回は風柱(かぜばしら)・不死川実弥(しなずがわさねみ)と今は亡き鬼殺隊隊士・粂野匡近(くめのまさちか)の出会いから別れまでをメインエピソードとして書かせていただきました。
 原作コミックス第十九巻に描かれた実弥の回想シーンを元にしたお話です。
 胡蝶姉妹のエピソード同様、大変、デリケートな部分の為、担当さんとも悩みに悩んだ末、「ダメ元で、企画だけでも出してみましょう! 」と半ば神頼みのような気持ちで吾峠先生にお伺いしたところ、なんと、ご承諾いただけました。私も担当さんもそれはそれは大喜びで「これは、絶対、メインに据えましょう。ページ数も多めでいきましょう」ということになり、今までで一番長い話になりました。分量としては、やや短めの中編ぐらいでしょうか。
 それだけにプレッシャーも半端なく、十分に構想を練った上で、全五話中、最後に書き始めました。
 我流の方法で鬼を狩る少年時代の実弥が匡近と出会い、鬼殺隊に入隊、紆余曲折ありながらも実の兄弟のように仲良くなり、任務で下弦(かげん)の壱(いち)と遭遇、討伐する――というのが大まかな流れなのですが、匡近の死という結末が決まってしまっているだけに、ある意味、純然たるハッピーエンドにはなりえないという……。
 先生からも暗くなり過ぎないように、とのご心配をいただいており、それを常に念頭に置き、とりわけ重くなりがちな中盤以降のシーンは何度も書き直しました。
 その際に、有難くも吾峠先生より実弥の台詞を幾つか賜り、作中に使わせていただきました。どれも素晴らしく格好良いのですが、その中でも私が大好きなのが、

――俺は自分が可哀想だと思ったことはねえ。

 という言葉で、今、こうして書いていても、胸に込み上げてくるものがあります。
 実弥の生い立ちや生き様を知っているからこそ、余計に胸に突き刺さりました。
 自らを憐(あわ)れむことなく、己(おの)が運命や境遇を呪わず、懸命に今を生きる。シンプルでありながらものすごく難しいことですが、炭治郎(たんじろう)然(しか)り、実弥然り、『鬼滅の刃』の多くのキャラクターはこれを見事に体現しています。
 だからこそ、どんなに残酷で痛ましい場面であっても、そこに切ないまでのぬくもりと明確な救いとを感じることができる……。
 それだけに、本作『風の道しるべ』においても、読者の皆様にそういったぬくもりや救いを感じていただけるよう全身全霊で努めました。

 表題作以外にも、霞柱(かすみばしら)・時透無一郎(ときとうむいちろう)と小鉄(こてつ)少年のとある約束を描いた「明日の約束」や、伊之助(いのすけ)とカナヲの心の交流を描いた「花と獣(ケダモノ)」、鋼鐵塚蛍(はがねづかほたる)の刀鍛冶としての矜持(きょうじ)や、担当隊士との絆が垣間見える「鋼鐵塚蛍のお見合い」、そして宇髄(うずい)先生、煉獄(れんごく)先生らが夜の学園を見まわりする「中高一貫☆キメツ学園物語!!~ミッドナイト・パレード~」が入っています。
 中でも「明日の約束」は、ラストが同時発売のコミックス第二十一巻とほんのり繋がっているので、是非とも、ご一読下さい。

 最後になりましたが、ノベライズ作家というのはあくまで黒衣(くろご)、影でなければならないと思っております。
 吾峠先生が大切に作り上げられ、多くの方々が愛してやまない『鬼滅の刃』という世界を決して壊すことなく小説化する――それが本作に込めた私の願いです。

矢島 綾
やじま・あや●作家。
『神の御名の果てに…』で第16回ジャンプ小説大賞佳作受賞。『天空をわたる花 東国呼子弔忌談―過去を呼ぶ瞳―』でデビュー。『鬼滅の刃』や『青の祓魔師』、『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』のノベライズなどを手がけ幅広く活躍中。

青春と読書
2020年8月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

集英社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加