『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』坪内祐三著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。

『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』

著者
坪内祐三 [著]
出版社
幻戯書房
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784864882002
発売日
2020/06/26
価格
3,080円(税込)

書籍情報:openBD

『みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。』坪内祐三著

[レビュアー] 産経新聞社

 今年1月に61歳で急逝した著者は、特異な感覚と人格をもった書き手だった。ひと言で表現するなら生まれる時代が遅すぎた。本人にもその自覚が明確にあり、「違和感」を武器に、誰に遠慮することなく文学作品と作家を論じ、語り、文学シリーズを編んできた。本書は毒と愛が複雑に混じった追悼文と雑誌ジャーナリズムへのオマージュを中心に編まれた評論・随筆集である。

 山本夏彦の言葉ではないが、著者は自身を「半分死んだ人」と開き直り、酒を友に平成というおぞましい時代を駆け抜けた。その生々しい軌跡がここにある。(幻戯書房・2800円+税)

産経新聞
2020年7月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加