香港デモ戦記 小川善照著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港デモ戦記

『香港デモ戦記』

著者
小川 善照 [著]
出版社
集英社
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784087211214
発売日
2020/05/15
価格
946円(税込)

書籍情報:openBD

香港デモ戦記 小川善照著

[レビュアー] 篠田英朗(国際政治学者・東京外国語大教授)

 香港でデモに参加する若者たちを追った、実力派ノンフィクションライターの興味深い香港レポートである。

 著者は、2014年「雨傘運動」も取材していた。当時のデモ参加者たちには、明るい雰囲気があった。しかしそれは重苦しい雰囲気の19年には失われていた。昨年の「逃亡犯条例」改正に反対するデモでは、参加者たちは、逮捕や催涙弾を恐れて行動し、覆面や隠語を使い続けていた。政治的立場の違いによる諸派の乱立も激化した。さらに警官隊の側の様子も、強硬になっていた。

 それでも若者はなぜデモに参加するのか。著者によれば、国際的に見て水準が高い、人材重視の教育が関係しているという。

 デモ参加者の多くが日本の「オタク」文化ファンだという指摘も興味深い。著者と日本のアニメの話で盛り上がる若者たちは、デモという「戦いの前」に、日本のアイドルの動画を見て「気合を入れる」。

 「不安と恐怖」と戦いながら、「自由」な香港への愛着を表現する方法を模索し続ける若者たち。彼らに寄り添う著者の眼差(まなざ)しが、優しい。(集英社新書、860円)

読売新聞
2020年7月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加