【気になる!】コミック『京都深掘りさんぽ』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都深掘りさんぽ

『京都深掘りさんぽ』

著者
グレゴリ 青山 [著]
出版社
小学館
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784094067927
発売日
2020/07/07
価格
550円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】コミック『京都深掘りさんぽ』

[レビュアー] 産経新聞社

 “京都人の京都知らず”を地でいく同市出身の漫画家が、友人知人に地元の良さを教えてもらうコミックエッセー。地元の人が推薦するだけあって視点が並のガイドブックとは違い、工芸品の職人技を堪能できる「京都伝統産業ミュージアム」など興味深いスポットが並ぶ。著者の注目スポットは「昭和の名残がいい具合に発酵して日常に息づいている」という千本中立売(せんぼんなかだちうり)周辺。忘れられがちな山科(やましな)の魅力も紹介している。

 ページ数は薄めだが、この情報密度の濃さでこの値段はお買い得。本書いわく「しぶちん」の京都人ならずとも手が出そうだ。(グレゴリ青山著、小学館文庫・500円+税)

産経新聞
2020年7月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加