【気になる!】新書『コロナショックと昭和おじさん社会』

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナショックと昭和おじさん社会

『コロナショックと昭和おじさん社会』

著者
河合 薫 [著]
出版社
日経BP 日本経済新聞出版本部
ジャンル
社会科学/経済・財政・統計
ISBN
9784532264345
発売日
2020/06/30
価格
935円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『コロナショックと昭和おじさん社会』

[レビュアー] 産経新聞社

 新型コロナウイルス禍は感染への不安だけでなく、失職や収入減、ステイホームでの孤立、子供の教育格差、介護・医療崩壊など社会の分断を生んでいる。

 これらの問題は、1970年代につくられた社会のしくみが90年代の変化にもかかわらず“昭和モデル”のまま動き続け、その無理が顕在化したもので、「パンドラの箱」をコロナが開けただけと著者はいう。

 本書では、そんな「昭和おじさん社会」が積み重ねてきた問題を分析しつつ、そこから脱却し、希望が持てる「新しい社会のカタチ」をさぐる。(河合薫著、日経プレミアシリーズ・850円+税)

産経新聞
2020年7月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加