二枚腰のすすめ 鷲田清一著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二枚腰のすすめ

『二枚腰のすすめ』

著者
鷲田 清一 [著]
出版社
世界思想社
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784790717423
発売日
2020/06/10
価格
1,870円(税込)

書籍情報:openBD

二枚腰のすすめ 鷲田清一著

[レビュアー] 通崎睦美(木琴奏者)

 本書は、著者が2013~19年にかけて、本紙で担当した146の「人生案内」から71編を選んで再編したもの。

 <ひとが苦しむ理由の多くは、理不尽というところにあります。>学歴に悩む高卒公務員女性にこう切り出し、経歴で差が付くことはつらいが、実力そのもので差を見せつけられることはもっとつらいのではと諭し、本当の実力をつけるために学ぶあなたの姿が思い浮かぶと励ます。

 日本の将来に不安を感じる少し背伸びした14歳の少年には、その相談文がどこかで聞いたような口ぶりで綴(つづ)られていることを指摘。判断力を磨くため「自分の言葉」を持つことを提案する。

 最終章には、書き下ろしの文章があり、すかっと割り切れない人生、たとえ行き場のないどん底にあっても、常に別の視点を持つこと。そして、自分の死角に気づき、粘り強く生きる「二枚腰」のすすめを説く。著者は、様々な相談を見事にくるりとひっくり返してみせる。その回答の手法こそが、二枚腰な生き方のお手本なのかもしれない。自身によるチャーミングな年譜、これまでの書籍リスト付き。(世界思想社、1700円)

読売新聞
2020年8月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加