歴史の教訓 兼原信克著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歴史の教訓

『歴史の教訓』

著者
兼原 信克 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784106108624
発売日
2020/05/18
価格
836円(税込)

書籍情報:openBD

歴史の教訓 兼原信克著

[レビュアー] 篠田英朗(国際政治学者・東京外国語大教授)

 国家安全保障局次長などをへて、政権中枢で日本外交の屋台骨を支えた著者による単著である。日本を中心に世界の近代史を振り返る内容だ。しかし、その目的は、国際情勢を見据えたうえで、日本外交のあるべき姿を描き出すことである。思想の歴史的展開に着目していることが、本書の特色だろう。前半の堅実な歴史描写をふまえて、後半の思想的議論の総括で、現代日本外交の理念枠組みの表明がなされる。

 戦前の日本人は、植民地支配や人種差別を内包した国際秩序の不義を訴えて、第二次世界大戦に突入した。そこで著者は問う。なぜ戦争という拙速なやり方でなく、「新しい人類社会の実現を忍耐強く待っていられなかったのか」。

 この問いに答え、「何をどう間違えたのかを分析し、今の安全保障政策や制度に生かす」ことが、本書の課題だ。そこで著者は述べる。「日本が誤った根本にして最大の原因は、憲法体制の脆弱(ぜいじゃく)さ、特に『国務と統帥の断絶』である」。いわゆる「統帥権の独立」を主張する大日本帝国憲法解釈によって、一部軍人の独走が始まり、「大局的な国益を見据えた外交戦略の視点は失われる」。驚くべきことに、この憲法解釈は、政争に明け暮れる議会の政党政治家が作り出してしまったものだった。

 この「歴史の教訓」をふまえて、著者は「価値の日本外交」戦略の構想を、最終章で論じる。それは普遍的価値観を標榜(ひょうぼう)する「本物の自由主義的秩序」の心臓を、インド太平洋地域に作り出すことである。日米同盟も、普遍的価値を共有するための大同盟へと変遷するものとされる。

 こうして著者によって、「歴史の教訓」に対する洞察が、哲学的・宗教的洞察をへて、現代日本外交をめぐる議論と、融合していく。このダイナミックな議論の背景にある、「人の社会」は「信頼でできている」という著者の信念が、重たい。歴史と思想をふまえて日本外交を構想しようとする者には必読の書だろう。

 ◇かねはら・のぶかつ=1959年生まれ。外務省国際法局長などを経て、現在は同志社大特別客員教授。

読売新聞
2020年8月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加