【児童書】『水の中はいつだって大さわぎ 海と川の生物図鑑』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水の中はいつだって大さわぎ 海と川の生物図鑑

『水の中はいつだって大さわぎ 海と川の生物図鑑』

著者
サンシャイン水族館 [監修]
出版社
大泉書店
ISBN
9784278084047
発売日
2020/07/15
価格
1,210円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『水の中はいつだって大さわぎ 海と川の生物図鑑』

[レビュアー] 三保谷浩輝

■夏休みの読書にも

 海や川など水中にいる生物は陸上生物の10倍、1千万種類以上にのぼるという。それだけに水中は、生きるために懸命な生き物たちでひしめいている。本書では、そのなかから生態など特徴的な生き物77種を取り上げ、擬人化したユニークな漫画や写真、詳細な解説文で紹介している。

 たとえば、食欲旺盛で、「海の掃除屋」とも呼ばれるダイオウグソクムシは、「6年間も、エサを食べずに生き続け」、しかもやせない▽ノコギリハギは、毒を持つシマキンチャクフグに似た外見から「毒を持っているふり」をして襲われないようにしている▽「日本一」長い名前の魚は17文字のウケグチノホソミオナガノオキナハギ(読むときは5・7・5で)-など。

 本書は、「天空のオアシス」のコンセプトで知られる東京・池袋のサンシャイン水族館が初めて監修を手掛けた児童書で、同水族館で見られる生き物も多く登場する。データをはじめ情報も満載で、子供の夏休みの読書や、大人の雑学にも役立ちそうだ。(サンシャイン水族館監修 佐藤ワカナ マンガ・イラスト/大泉書店・1100円+税)

 三保谷浩輝

産経新聞
2020年8月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加