羊飼い猫の日記 スザンナ・クランプトン著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羊飼い猫の日記 アイルランドの四季と暮らし

『羊飼い猫の日記 アイルランドの四季と暮らし』

著者
スザンナ・クランプトン [著]/宮崎真紀 [訳]
出版社
ハーパーコリンズ・ジャパン
ジャンル
文学/外国文学、その他
ISBN
9784596551573
発売日
2020/06/19
価格
1,980円(税込)

書籍情報:openBD

羊飼い猫の日記 スザンナ・クランプトン著

[レビュアー] 南沢奈央(女優)

 これはアイルランドの農場で暮らす、牧羊犬ならぬ牧羊猫、ボデイシャスの物語。農場での生活を、ボデイシャスの目線で(羊飼いさんの手を借りて)書いた猫自伝である。

 農場には羊をはじめ、馬、アルパカ、鶏、犬など多くの動物がいる中で、ボデイシャスは完全なるボス。名前の通り、「大胆不敵」でいかしている。それは表紙の堂々たる佇(たたず)まいからも伝わってくる。仕事は羊の監督はもちろんのこと、鶏の卵の管理、馬の出産の手伝い、ウサギ狩り……とにかく忙しい。こんなに勤勉な猫がいるなんて驚きだ。

 ボデイシャスの大好きな羊飼いさんの人生も徐々に見えてくる。多種多様な動物たちの機微に気づき交流できているのは、幼少期に経験したいじめによって、言葉ではなくボディランゲージで気分を読む癖がついたからだという。また、男性社会である農業界において、女性農家の代弁者として進んで前に立つ。

 アイルランドの美しい情景と共に、愛情と逞(たくま)しさに溢(あふ)れた農場を見ていると、ボデイシャスに追われる羊のように生命力が湧いてくる。宮崎真紀訳。(ハーパーコリンズ・ジャパン、1800円)

読売新聞
2020年8月23日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加