『ポン・ジュノ 韓国映画の怪物(グエムル)』下川正晴著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポン・ジュノ 韓国映画の怪物

『ポン・ジュノ 韓国映画の怪物』

著者
下川正晴 [著]
出版社
毎日新聞出版
ジャンル
芸術・生活/演劇・映画
ISBN
9784620326337
発売日
2020/06/27
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

『ポン・ジュノ 韓国映画の怪物(グエムル)』下川正晴著

[レビュアー] 産経新聞社

 非英語圏の映画として史上初めて米アカデミー賞作品賞に輝くなど国際映画賞を席巻した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」(2019年)の監督、ポン・ジュノ。

 帯のコピーに「“オタク”はいかにして“名監督”になりえたのか」とある。芸術家一族の末っ子として、1969年にソウルに生まれたポンは韓国の「第一次オタク世代」に当てはまるらしい。ポンも日本の漫画やアニメに親しみ、『20世紀少年』の漫画家、浦沢直樹の大ファンだという。「グエムル 漢江の怪物」「殺人の追憶」…常に観客を驚かせ、楽しませてきた鬼才の素顔を描く。(毎日新聞出版・1500円+税)

産経新聞
2020年8月30日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加