『ステイホームの密室殺人』(1) 織守きょうやほか著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステイホームの密室殺人 1 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー

『ステイホームの密室殺人 1 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー』

著者
織守 きょうや [著]/北山 猛邦 [著]/斜線堂 有紀 [著]/津田 彷徨 [著]/渡辺 浩弐 [著]
出版社
星海社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784065206522
発売日
2020/08/19
価格
1,430円(税込)

書籍情報:openBD

『ステイホームの密室殺人』(1) 織守きょうやほか著

[レビュアー] 読売新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大で一変した日常を舞台にしたミステリー作家5人のアンソロジー。コロナ禍で発生した不審死や殺人に、オンライン飲み会や外出自粛などがトリックとして絡んでくる。この緊急事態を小説という形で残すという作家たちの意志を感じる。(星海社、1300円)

読売新聞
2020年8月30日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加