『アリ語で寝言を言いました』村上貴弘著 

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アリ語で寝言を言いました

『アリ語で寝言を言いました』

著者
村上 貴弘 [著]
出版社
扶桑社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784594085469
発売日
2020/07/02
価格
990円(税込)

書籍情報:openBD

『アリ語で寝言を言いました』村上貴弘著 

[レビュアー] 読売新聞

 録音したアリの音声を解析していて寝入ってしまったとき、表題通りのことがあったという。アリを愛してやまない「アリ先生」が、彼らの合理的な社会システムを解き明かす。5000万年もの間、生態をほぼ変えなかったアリは、持続可能な社会の先生だという指摘に考えさせられる。(扶桑社新書、900円)

読売新聞
2020年8月30日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加