『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』青柳碧人著

レビュー

7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。

『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』

著者
青柳碧人 [著]
出版社
双葉社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784575242898
発売日
2020/08/20
価格
1,485円(税込)

書籍情報:openBD

『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』青柳碧人著

[レビュアー] 産経新聞社

 日本の昔話をミステリーで読み解いた『むかしむかしあるところに、死体がありました。』に続くシリーズ第2弾。西洋童話の世界で起こる事件を、探偵役の赤ずきんが解決する連作短編集だ。

 ある目的を持って、旅を続ける赤ずきん。道中、シンデレラやヘンゼルとグレーテル、マッチ売りの少女など、おとぎ話でおなじみの登場人物がからんだ事件に次々と遭遇する。「あなたの犯罪計画は、どうしてそんなに杜撰(ずさん)なの?」というせりふとともに、名推理を披露する。

 お菓子の家の密室殺人事件など、童話ならではのトリックも楽しい。(双葉社・1350円+税)

産経新聞
2020年9月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加