『秦氏の夢 長宗我部元親』長宗我部友親著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秦氏の夢 長宗我部元親

『秦氏の夢 長宗我部元親』

著者
長宗我部友親 [著]
出版社
河出書房新社
ISBN
9784309228044
発売日
2020/05/21
価格
1,980円(税込)

書籍情報:openBD

『秦氏の夢 長宗我部元親』長宗我部友親著

[レビュアー] 産経新聞社

 渡来人・秦一族で2000年の歴史を持つ長宗我部家。その中心的存在で戦国時代に四国を制覇した元親の生涯を、元親の末弟・親房から17代目の当主である著者が描く。

 中央、権力への反骨精神が根付いていた土佐で、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康らとは異なる生き方、国づくりを目指した元親。自由平等の発想が流れる掟書(おきてがき)「長宗我部元親百箇条」などの文献を通じ、元親の夢に思いをはせる。

 家訓や資料、戦国武将らの「末裔会」など子孫ならではのエピソードや、明智光秀、本能寺の変とのかかわりを探る緊迫感あふれる考察など読み応えがある。(河出書房新社・1800円+税)

産経新聞
2020年9月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加