【児童書】『ぼくといっしょに』シャルロット・デマトーン作、野坂悦子訳

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくといっしょに

『ぼくといっしょに』

著者
シャルロット・デマトーン [著]/野坂悦子 [訳]
出版社
ブロンズ新社
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784893096746
発売日
2020/06/25
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『ぼくといっしょに』シャルロット・デマトーン作、野坂悦子訳

[レビュアー] 正木利和(産経新聞編集委員)

■世界一大きな庭で

 歩いていると、なぜかこわい顔のおじさんににらまれたり、川遊びをしていてすべっておぼれかけたりと、夢と現実が未分化な幼いころの体験が、いまも記憶のどこかにこびりついていたりすることがある。

 そうしたかけらを集めてきたら、ひょっとするとわれわれ一人一人も、こうした絵本を作ることができるかもしれない。

 町の一部を上空からながめた絵からはじまる。「せかいでいちばんおおきなにわのある」家に住む主人公の少年は、お母さんにリンゴを買ってくるようにおつかいをたのまれる。

 ドラゴンやこわそうな大男、凶暴なクマの住む森を抜け、魚たちの住む海原を越え、海賊たちのすみかを駆け抜けやっとお店にたどりついた主人公。でも、実は森は家の植栽、海は池など、実際のところ庭にあるものばかり。そう、少年は遠回りになる外周をきらって庭を通り抜けただけ。

 子供の想像力は突拍子のない冒険物語をつくる。幼いころのあなたがそうだったように。(ブロンズ新社・1400円+税)

 正木利和

産経新聞
2020年9月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加