【気になる!】文庫『ニホンブンレツ』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニホンブンレツ

『ニホンブンレツ』

著者
山田悠介 [著]
出版社
河出書房新社
ISBN
9784309417677
発売日
2020/09/08
価格
693円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『ニホンブンレツ』

[レビュアー] 産経新聞社

 関東人と関西人の敵対心に加え、東京、大阪両知事の対立から日本は2027年、東西が分裂。情報伝達や移動の手段も断たれる。

 それから5年、東日本の小学校教師、博文は分裂時に西日本の実家に帰省していた恋人・恵実とも別れたままだったが、ついに西日本への潜入に成功。独裁政権が支配する階級社会の西日本に愕然(がくぜん)とする。恵実を捜す博文の前に次々と苦難が立ちはだかり…。

 平成21年刊行のパニック小説に今回の文庫化でスピンオフの前日譚(たん)と20年後の物語も加わり、「完全版」に。“一気読み”のスピードもさらに加速する。(山田悠介著、河出文庫・630円+税)

産経新聞
2020年9月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加