『サラリーマン球団社長』武英利著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマン球団社長

『サラリーマン球団社長』

著者
清武 英利 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784163912516
発売日
2020/08/26
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

『サラリーマン球団社長』武英利著

[レビュアー] 産経新聞社

 野球界に転身した2人のサラリーマンを軸に展開する企業ノンフィクション。1人は旅行会社の営業マンから阪神タイガースに出向した野崎勝義、もう1人は自動車メーカーの経理担当から広島カープに転じた鈴木清明。

 野球の素人の2人が、“どん底”球団の優勝に向け、球団の営業利益や業務の効率化、上司の理不尽な命令に頭を悩ませながらも奮闘する姿を描く。

 千葉ロッテ・サブローのトレード、1リーグ制騒動、黒田博樹のカープ復帰など、球界を揺るがした数々の出来事の裏話も盛り込まれ、球団運営の妙味が味わえる。(文芸春秋・1600円+税)

産経新聞
2020年9月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加