『雨の中の涙のように』遠田潤子著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雨の中の涙のように

『雨の中の涙のように』

著者
遠田潤子 [著]
出版社
光文社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784334913618
発売日
2020/08/19
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

『雨の中の涙のように』遠田潤子著

[レビュアー] 産経新聞社

 今夏、直木賞候補となった著者の最新刊は、過去にとらわれた男たちの心の動きを繊細に描いた連作短編集。一つ一つの物語を、国民的スター堀尾葉介がつなぐ。

 14歳でアイドルとしてデビューした堀尾は、22歳のときに演技の道へと転身。容姿と才能に恵まれた実力派俳優だが、謙虚で努力を惜しまず、圧倒的な人気を誇る。

 そんな堀尾と、器用には生きられない男たちが接点をもつ。堀尾は疫病神か、それとも福の神か。1話ごとに、謎めいた堀尾の過去も解き明かされて…。

 題名にも含まれる「雨」のシーンが印象的。秋雨の日のお供にも。(光文社・1600円+税)

産経新聞
2020年9月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加