腐れ大学生&タイムマシン 『四畳半タイムマシンブルース』森見登美彦

レビュー

15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

四畳半タイムマシンブルース

『四畳半タイムマシンブルース』

著者
森見 登美彦 [著]/上田 誠 [企画・原案]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784041095638
発売日
2020/07/29
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

腐れ大学生&タイムマシン

[レビュアー] 瀧井朝世(ライター)

 舞台のノベライズはたまにあるけれど、舞台とまた別の小説の融合というのは珍しいのではないか。それをやってのけたのが、森見登美彦(もりみとみひこ)さん『四畳半(よじょうはん)タイムマシンブルース』。劇団ヨーロッパ企画の上田誠(うえだまこと)さんが台本を書いた舞台「サマータイムマシン・ブルース」の物語を、森見さんの『四畳半神話大系(しんわたいけい)』の登場人物で再現させた小説である。上田さんは森見作品のアニメ化の脚本を多く手掛けており、そのアンサーという試みともいえる。

 舞台版は、とある大学のSF研究会とカメラクラブの話。猛暑のなか、部員の一人がリモコンにコーラをこぼしエアコンが起動しなくなる。そこに突如タイムマシンが現れ、部員たちは昨日に行き壊れる前のリモコンを取ってこようと画策。過去に戻って楽しくなった彼らは好き放題に振る舞うが、過去を改変すれば現在にも影響があると気づき、すべてを元通りにしようと慌てて……。

 小説版では舞台はお馴染み、学生たちが暮らす下鴨幽水荘(しもがもゆうすいそう)に。〈私〉が入居する部屋のエアコンのリモコンに悪友の小津(おづ)がコーラをこぼしてしまう。あとは舞台版とほぼ同じ展開。『四畳半神話大系』では冴えない主人公が入学後、どのサークルに入るかで異なる未来が待ち受けているパラレルワールドものだったが、本作もそのひとつのパターンとして描かれている。前作にも出てきた映画サークルの面々や、寮の主である大学八回生の樋口清太郎(ひぐちせいたろう)らも登場、彼らが一癖も二癖もあるので、舞台版のはちゃめちゃな展開にしっくり呼応してお見事。一愛読者としては、あの腐れ大学生たちに再び会えたことがなにより嬉しいが、もちろん舞台版や映画版を知らない人でも充分に楽しめるだろう。

光文社 小説宝石
2020年10月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

光文社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加