『二百十番館にようこそ』加納朋子著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二百十番館にようこそ

『二百十番館にようこそ』

著者
加納 朋子 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784163912417
発売日
2020/08/05
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

『二百十番館にようこそ』加納朋子著

[レビュアー] 産経新聞社

 就職活動に挫折し、20代後半、実家住まいのニートとして暮らしていた“俺”は、ついに親から愛想をつかされる。遺産相続の名目で伯父の不動産を任され、離島への移住を余儀なくされてしまう。

 がけっぷちの主人公が思いついたのが、ニート仲間を離島に集め、シェアハウスを営むことだ。コンビニすらない小さな島で、アイデアを出し合い、毎日を充実させていく。仲間のいる安心感、彼らを見守る島の高齢者のあたたかなまなざしが、一歩を踏み出す勇気を与えていく。

 さわやかな青春小説だが、終盤はミステリー作家らしい展開も。(文芸春秋・1500円+税)

産経新聞
2020年10月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加