剱岳―線の記 高橋大輔著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

剱岳 線の記 平安時代の初登頂ミステリーに挑む

『剱岳 線の記 平安時代の初登頂ミステリーに挑む』

著者
髙橋大輔 [著]
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784022516978
発売日
2020/08/07
価格
1,870円(税込)

書籍情報:openBD

剱岳―線の記 高橋大輔著

[レビュアー] 木内昇(作家)

 立山連峰にそびえる剱岳。明治40年、「地獄の針の山」と異名を持つこの山に、日本陸軍の柴崎芳太郎率いる測量隊が初登頂した……はずだった。が、山頂にたどり着いた一隊は、そこに収められた錫杖頭(しゃくじょうとう)と鉄剣を発見する。いずれも古代の仏具である。つまり柴崎隊より遥(はる)か昔に、剱岳登頂を成功させた人物がいたのだ。

 いつ、誰が、どのように、どのルートを経て山頂に至ったのか。どこに仏具を収め、なぜ登頂したのか。六つの観点から、ファーストクライマーを解き明かしていく。あまたの文献にあたり、各方面の専門家に聞き取りをするだけでなく、探検家である著者自ら何度となく剱岳に登り、古代登頂者の足跡を丁寧に検証しているために、臨場感たっぷりの立体的な考察となっている。

 カニのたてばい、よこばい、ガキガンドウ、平蔵の頭(ずこ)など、登頂ルートには不思議な地名が点在する。剱岳が抱く多彩な顔に触れつつ、真相に迫りゆく過程には否応(いやおう)なく引き込まれる。山伏の修行か、それとも国家鎮護の祭事か。本書には大正期の登山者の写真も掲載されるが、現代の登山装備とは比較にならないほど軽装。江戸時代は草鞋(わらじ)に脚絆(きゃはん)で登ったというから、その以前となると。

 平安初期に立山を開いた慈興上人(じこうしょうにん)が初登頂者ではないか、と著者は早い段階で目星をつけるも、あらゆる可能性を確かめるため、別山(べっさん)尾根ルートから早月(はやつき)尾根ルートへと経路を変更、仏具が収められていたと見られる岩穴を根気強く探し続ける。これにより仮説は大きく覆り、想像だにしなかった人物が浮かび上がるのだ。彼らはなぜ、命の危険を冒してまで、このような嶮岨(けんそ)な山を登ったのか――最後の謎が解けたとき、いにしえ人の真摯(しんし)で清廉な願いと、深く根ざした自然崇拝の精神に触れた気がして、心揺さぶられた。

 それは、剱岳という偉大な山の息吹に包まれつつ、文明の利器に溺れる中でいつしか忘れていたことが甦(よみがえ)ってくるような感触だった。

 ◇たかはし・だいすけ=1966年、秋田市生まれ。探検家。『ロビンソン・クルーソーを探して』など。

読売新聞
2020年10月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加