物語るジャーナリズム ノンフィクションの可能性

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代日本を読む―ノンフィクションの名作・問題作

『現代日本を読む―ノンフィクションの名作・問題作』

著者
武田 徹 [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784121026095
発売日
2020/09/23
価格
990円(税込)

書籍情報:openBD

物語るジャーナリズム ノンフィクションの可能性

[レビュアー] 碓井広義(メディア文化評論家)

 武田徹『現代日本を読む―ノンフィクションの名作・問題作』は、いわゆる読書案内ではない。本書自体がノンフィクションをテーマとする「ノンフィクション作品」であり、「ノンフィクション論」だ。

 自身もその書き手である著者は、ノンフィクションを「物語るジャーナリズム」と仮定する。個別の事実を再構成し、因果関係を明らかにしながら、ある出来事や事件として語っていくからだ。そこでは「語り手」の存在も重要になる。

 名作と定評のある石牟礼道子『苦海浄土―わが水俣病』。再現性の高い「聞き書き」と思われているが、石牟礼は患者の家に足繁く通ったりしなかった。実は「相手の心のなかの声を自分が代弁して語りとして描いた」だったのだ。著者はこの作品を梃子に、「事実的な文章」と「物語的な文章」について考察していく。

 また沢木耕太郎の『テロルの決算』や『一瞬の夏』をテキストにして、「ニュージャーナリズム」の方法論を検証する。他者から話を聞いて「シーン」を構成する三人称の視点。自分の目で見たものだけを書いていく一人称の視点。沢木が辿った試行錯誤のプロセスがスリリングだ。

 ノンフィクションがジャーナリズムであるならば、登場人物の心理だけでなく「対象者と社会との関わり」も描く必要があると著者は言う。それはまた「世界を作品化」することだ。本書に並ぶ28作の先にある、ノンフィクションの更なる可能性も見えてくる。

新潮社 週刊新潮
2020年10月29日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加