秋の愛情――『アンと愛情』著者新刊エッセイ 坂木司

エッセイ

7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンと愛情

『アンと愛情』

著者
坂木司 [著]
出版社
光文社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784334913670
発売日
2020/10/22
価格
1,870円(税込)

書籍情報:openBD

秋の愛情――『アンと愛情』著者新刊エッセイ 坂木司

[レビュアー] 坂木司(作家)

久しぶりに、アンちゃんの新刊が出ます。それも、食欲の秋に!

 和菓子のTPO的に、秋はベストシーズンと言っても過言ではありません。夏よりは湿気が少なく、冬よりは乾燥していない。それはつまり、カビたりひび割れたりする危険性が少ないということ。常温で食べることを前提に作られる和菓子が、底力を発揮する季節。それが、秋なのではないかと思います。

 そして秋といえば栗(くり)、サツマイモ、カボチャ。ほくほくぽくぽくしたものが最高においしくなります。個人的には岐阜系の栗きんとんに、シナモンティーを合わせるのが好きです。ああ、秋はシナモン・ニッキの季節でもありますね。茶色くて落ち葉の風情があって、山の空気を感じます。

 ちなみにスイートポテトやカボチャ餡(あん)のお饅頭(まんじゅう)なんかは、カフェラテやミルクティーを合わせると軽食感が出るところも好きです。そういえば長野のおやきって、お菓子と食事の絶妙なあわいにいる気がするんですけど、どう思われますか。ともあれ、気温の下がりつつある朝に、甘いお菓子とミルク系の飲み物が出てきたら、ちょっとにっこりしてしまいます。

 お菓子と飲み物に色々な組み合わせがあるように、『アンと愛情』には、色々な組み合わせの愛情を盛り込んでみました。男女間の恋愛のみならず、親の愛、友への親愛、働く相手への敬愛など、形や相手は様々です。愛は双方向でなくても成立するし、叶(かな)わない想いもまた愛です。

 甘かったりしょっぱかったり、苦かったり酸っぱかったり。はたまた味が感じられないほど、衝撃を受ける瞬間があったり。そんなお話を、小箱に詰められた和菓子を一つずつ味わうように、ゆっくり楽しんでいただけたら嬉(うれ)しいです。

 秋なので、そこそこ日持ちもしますからね。

光文社 小説宝石
2020年11月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

光文社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加