【気になる!】コミック『博物館ななめ歩き』

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

博物館ななめ歩き

『博物館ななめ歩き』

著者
久世 番子 [著]/栗原 祐司 [監修]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784163912738
発売日
2020/10/15
価格
1,320円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】コミック『博物館ななめ歩き』

[レビュアー] 産経新聞社

 東京都内を中心に全国94の博物館を漫画で紹介する作品。マンションの玄関で伝統工芸品を紹介するミニ博物館「つまみかんざし博物館」(新宿区)など実にシブく、好奇心をそそられるラインアップである。

 瓶やペットボトルといった容器包装の歴史をひもとく「容器文化ミュージアム」(品川区)など、知られざる分野に特化した博物館も紹介。この国が長年育んできた技術や文化の奥深さと、それを今も支える人々の姿に改めて感服する。漫画家の著者と、京都国立博物館副館長の監修者とのゆるい掛け合いも面白い。(久世番子著、栗原祐司監修、文芸春秋・1200円+税)

産経新聞
2020年10月25日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加