ほんのいえ宮脇書店越谷店「半沢直樹アルルカンと道化師」【書店員レビュー】

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半沢直樹 アルルカンと道化師

『半沢直樹 アルルカンと道化師』

著者
池井戸 潤 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784065190166
発売日
2020/09/17
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

半沢直樹アルルカンと道化師

[レビュアー] ほんのいえ宮脇書店越谷店(書店員)

半沢直樹の勢いが止まらない!書き下ろしの最新作である。今度はなんと絵画アートの世界に踏みこんだ。銀行に持ち込まれた美術業界の会社買収に絡む半沢だが、そこには思いもかけぬウラがあった。ちょっとミステリーのようでもあり、興味は倍増する。読んでいると、会話が映像付きのセリフで浮かんできてしまう。もはや池井戸ワールドというより、半沢にとりつかれたが如く、読者は飲み込まれていってしまう。この連休、涼しくなりかかった秋の夜に、イッキ読み間違いなしである。

トーハン e-hon
2020年9月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加