【気になる!】コミック『高丘親王航海記(1)』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高丘親王航海記 I

『高丘親王航海記 I』

著者
近藤 ようこ [著]/澁澤 龍彦 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
芸術・生活/コミックス・劇画
ISBN
9784047362253
発売日
2020/09/12
価格
880円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】コミック『高丘親王航海記(1)』

[レビュアー] 産経新聞社

 作家・澁澤龍彦の遺作である幻想小説を漫画化した作品。貞観7(865)年、67歳の高丘親王はお供の僧たちを連れ、唐の広州から天竺を目指して船出する。「おれはことばといっしょに死ぬよ」と謎の言葉を残した儒艮(じゅごん)。満月の晩に光を放ち、中に一羽の鳥が見える石…。待っていたのは奇妙奇天烈な生物や夢幻のような出来事だった。

 コミカライズを担当した近藤ようこさんといえば、夏目漱石『夢十夜』の漫画版も素晴らしかった。幻想小説の漫画化といえばまさにこの人、といった観だ。2巻も同時刊行。(澁澤龍彦原作、近藤ようこ漫画、KADOKAWA・800円+税)

産経新聞
2020年11月1日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加