若き新人による芸道プラス推理もの 『化け者心中』蝉谷めぐ実

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化け者心中

『化け者心中』

著者
蝉谷 めぐ実 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784041099858
発売日
2020/10/30
価格
1,815円(税込)

書籍情報:openBD

若き新人による芸道プラス推理もの

[レビュアー] 縄田一男(文芸評論家)

 第十一回小説野性時代新人賞受賞作品である。

 舞台は文政(ぶんせい)期の江戸。中村(なかむら)座で六人の役者が車座(くるまざ)になって台本の前読みをしていると、その真ん中に投げ込まれた生首ひとつ。そして蝋燭(ろうそく)が消えた一瞬、その生首はかき消えて、後には、血や肉片が残されていたという次第。こんなことをするのは鬼の仕業だ、誰かが、鬼の成り代わりに違いない、といういわば死体なき殺人の捜査をするのは、かつて稀代の女形(おんながた)として人気を誇った魚之助(ととのすけ)と鳥屋の藤九郎(ふじくろう)。但(ただ)し、魚之助は熱狂的なファンに足を斬りつけられ、それが元で両足を喪(うしな)っていた。

 往時、芸道ものといえば、川口松太郎(かわぐちまつたろう)や邦枝完二(くにえだかんじ)が数々の名作を手掛けていたが、平岩弓枝(ひらいわゆみえ)など一部の作家を除いては、その後継者がいなかった。そこに蝉谷(せみたに)めぐ実(み)という二十七歳の新人が登場したのである。剣豪ものや戦国ものは、次々と後継者が生まれ、作品も深化していったが、芸道ものだけが、オーソドックスなままだった。そこに二十七歳という若さで、独特の語り口と結構を持った作者が登場したのだから、いきなり、ニューウェーブが現われたと思う向きがいるかもしれない。

 が、芸道もののファンは、魚之助が実在の某歌舞伎役者を念頭に置いて設定されたものであることは想像がつくだろうし、芸道ものプラス推理ものという土台の面白さが加わるのは、このジャンルの新たなファンをつくるのに充分であるといえよう。魚之助も役者の芸を極めるエキセントリックさを充分承知しており、そこに藤九郎の常識人としての理性が加わるというコンビも面白くできている。

 選考委員の中にはシリーズ化を望む者もあるが、この作者とこの内容ならば充分、可能であろう。二弾、三弾と続くことを期待したい。

光文社 小説宝石
2020年12月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

光文社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加