『あっち側の彼女、こっち側の私』結生、小坂綾子著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あっち側の彼女、こっち側の私 性的虐待、非行、薬物、そして少年院をへて

『あっち側の彼女、こっち側の私 性的虐待、非行、薬物、そして少年院をへて』

著者
小坂綾子 結生 [著]
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784022517203
発売日
2020/10/20
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

『あっち側の彼女、こっち側の私』結生、小坂綾子著

[レビュアー] 読売新聞

 実父からの暴力や養父からの性的虐待、薬物使用など重い過去のある結生(ゆうき)に、取材で知り合った小坂は衝撃を受ける。「違う」世界に育った2人が、結生の人生を共に振り返っていく。苦しみながらも前に進む結生の姿に、生きることの意味や人の多面性を考えさせられる。(朝日新聞出版、1400円)

読売新聞
2020年11月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加