海をあげる 上間陽子著 筑摩書房/地元を生きる 岸政彦、打越正行、上原健太郎、上間陽子著 ナカニシヤ出版

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海をあげる

『海をあげる』

著者
上間 陽子 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784480815583
発売日
2020/10/29
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

地元を生きる――沖縄的共同性の社会学

『地元を生きる――沖縄的共同性の社会学』

著者
岸政彦 [著]/打越正行 [著]/上原健太郎 [著]/上間陽子 [著]
出版社
ナカニシヤ出版
ISBN
9784779514975
発売日
2020/10/06
価格
3,960円(税込)

書籍情報:openBD

海をあげる 上間陽子著 筑摩書房/地元を生きる 岸政彦、打越正行、上原健太郎、上間陽子著 ナカニシヤ出版

[レビュアー] 橋本倫史(ノンフィクションライター)

 沖縄で女性たちの聞き取り調査を続ける上間陽子が、初めてのエッセイ集を刊行した。

 タイトルは『海をあげる』。鮮やかな青色で描かれた装画は、きれいな沖縄の海を想起させる。葬儀のあとに海に入る風習。海の向こうにニライカナイ(沖縄の言葉で「理想郷」)があると語る母。園庭で水遊びをするこどもたち。水の流れをたどるように、「沖縄での美しく優しい生活」を読み進めると、きれいだった海が赤く濁る。その日――辺野古に土砂が投入された日――を境に言葉を失った著者が、自分の中に残るかすかな声を探るように文を綴(つづ)る。

 辺野古と聞けば、多くの読者は「ああ、基地問題か」と思うだろう。「基地問題」として物事を考えるとき、そこに暮らすひとりひとりの生活は、なかったことのように扱われてしまう。あまりにも切実な現実を前に、声をあげることができなくなった人たちは、存在しなかったことにされてしまう。そんな人たちの声を、著者はどうにか聞き取ろうとする。

 かろうじて紡ぎ出された言葉に、どう向き合えるだろう。わたしたちは、自分が当事者にならない限り、誰かの痛みを共有することはできないのだろうか?

 上間陽子も共著者として名を連ねる『地元を生きる』は、沖縄社会の多様性を描きだす社会学的エスノグラフィだ。これまで一面的に語られてきた「沖縄的共同性」を、階層とジェンダーの視点を導入することで、それぞれ異なる距離感で「地元」を生きるひとびとの生活を綴る。

 教員、公務員、飲食業、建築労働者、セックスワーカー。膨大なフィールドワークによって記録された、さまざまな境遇に生きる個人の生活史から、社会の輪郭が浮かび上がってくる。

 社会を生きるわたしたちは、書き記された言葉を通じて、誰かの生活を、そこにある痛みを想像できるはずだ。

読売新聞
2020年12月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加