監修・愛媛県美術館 「真鍋博の世界」

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真鍋博の世界

『真鍋博の世界』

著者
愛媛県美術館 [監修]
出版社
パイインターナショナル
ISBN
9784756254061
発売日
2020/09/18
価格
3,960円(税込)

書籍情報:openBD

監修・愛媛県美術館 「真鍋博の世界」

[レビュアー] 尾崎真理子(早稲田大学教授/読売新聞調査研究本部客員研究員)

 1970年代の少年少女にとって、「未来」は真鍋博の絵の中にあった。まず大阪万博のポスターで21世紀の夢を刷り込まれ、氏のイラストがなければ、星新一や筒井康隆氏のSFに、あんなに夢中になっただろうか。

 愛媛県の山間部に32年(昭和7年)に生まれた真鍋は、銅山開発に携わった父の図面や建築雑誌に親しんだ。特徴的なシャープな線画はその影響かもしれない。

 高校時代の悪友は元読売巨人軍監督の藤田元司。油彩を志し、最初のグループ展は池田満寿夫と共に。商業的な活動に転じるきっかけは、詩誌「ユリイカ」編集長、伊達得夫からもらった。谷川俊太郎氏は没後20年の友に「にがさ」と題して捧(ささ)げている。

 <見果てぬ遥かなどこかから/君は帰還する/君は未来に行っていたのか/それとも過去で待っていたのか>

 50年後の少女にも、その絵は少しにがい。それはたまらなく懐かしくて、明る過ぎる「未来」だ。(パイ インターナショナル、3600円)

読売新聞
2020年12月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加