【気になる!】新書『メディア論の名著30』

レビュー

11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メディア論の名著30

『メディア論の名著30』

著者
佐藤 卓己 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
総記/総記
ISBN
9784480073525
発売日
2020/11/07
価格
1,100円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『メディア論の名著30』

[レビュアー] 産経新聞社

 新聞やラジオ、テレビ、インターネットなどさまざまなメディアを歴史的視座で考察し、そこから社会と文明の未来も展望するメディア論。

 この分野の泰斗である京都大教授が、リップマン『世論』やモッセ『大衆の国民化』、ブーアスティン『幻影(イメジ)の時代』など、大衆社会や輿論(よろん)をめぐる自身の数々の研究を導いた必読書30冊を紹介する。

 単なるブックガイドではなく、著者が学究生活のどの時点で各書物に出合い、どう読んだかも詳述。ドイツ現代史研究からメディア史の開拓者に転じた碩学(せきがく)の知的自叙伝でもある。(佐藤卓己著、ちくま新書・1000円+税)

産経新聞
2020年12月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加