野本寛一著「採集民俗論」

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

採集民俗論

『採集民俗論』

著者
野本寛一 [著]
出版社
昭和堂
ジャンル
社会科学/民族・風習
ISBN
9784812220061
発売日
2020/10/20
価格
8,250円(税込)

書籍情報:openBD

野本寛一著「採集民俗論」

[レビュアー] 読売新聞

 農耕牧畜以前の人間社会は自然の恵みに生存の糧を頼る狩猟採集社会だったと言われている。昨年出た『生きもの民俗誌』とこの新刊『採集民俗論』は姉妹本である。前著は日本の動物民俗伝承を広範に渉猟した大著だったが、この新刊も長年にわたる植物民俗研究を集大成した大部の本だ。

 山野に自生する植物の果実や鱗(りん)茎、塊根には有害成分が含まれていることがある。冒頭章の「トチ(栃)」の実=写真、本書より=にはサポニンなど食阻害物質があるため、採集後に時間と手間をかけてアク抜きする精緻(せいち)な技術が各地方で独立に編み出された。

 地域社会に伝わるこれらの“食の知恵”の中には、植物群落の遷移と保全をも配慮した不文律も含まれていた。農耕文化の広まりと現代社会の趨勢(すうせい)の中で消えゆこうとする狩猟採集文化の古層に迫る貴重な情報が本書には詰め込まれている。(昭和堂、7500円)評・三中信宏

読売新聞
2020年12月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加