『希望を握りしめて 阪神淡路大震災から25年を語りあう』牧秀一編

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

希望を握りしめて

『希望を握りしめて』

著者
牧秀一 [編集]
出版社
能美舎
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784909623058
発売日
2020/12/15
価格
2,750円(税込)

書籍情報:openBD

『希望を握りしめて 阪神淡路大震災から25年を語りあう』牧秀一編

[レビュアー] 産経新聞社

 阪神大震災(平成7年)直後から25年間、「よろず相談室」として被災者を訪問し、孤独を防ぐ取り組みを続けてきた著者。のちの災害に役立てられればと、26人の被災者の語りを証言集にまとめた。

 倒れたピアノが頭を直撃し障害者となった女性と家族、長時間生き埋めになった後遺症でいまも足の激痛に耐える男性…。震災の傷に苦しみ、行政の冷たさに涙しながらも、懸命に生き抜く人生が素朴な言葉で浮かび上がる。街の復興とは異なる速度で進む一人一人の営みは、何十年がたとうとも支援の大切さを気付かせてくれる。証言映像を収めた短編DVD付き。(能美舎・2500円+税)

産経新聞
2021年1月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加