ブラック・ユーモアがちりばめられた異色の“アル中”小説

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今夜、すベてのバーで

『今夜、すベてのバーで』

著者
中島 らも [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784061856271
発売日
1994/03/04
価格
704円(税込)

書籍情報:openBD

ブラック・ユーモアがちりばめられた異色の“アル中”小説

[レビュアー] 北上次郎(文芸評論家)

 書評子4人がテーマに沿った名著を紹介

 今回のテーマは「酒乱」です

 ***

 中島らも『今夜、すべてのバーで』の中に、「久里浜式アルコール依存症スクリーニング・テスト」が突如挿入される箇所がある。この長編の主人公、小島は新聞社で校正のアルバイトをしているのだが、社会部の記者、井口のところへ原稿の受け渡しに行くと、「小島くん、君もやってみんかね、これ。おもしろいぞ」とそのテストを渡される。「最近六ヵ月の間に次のようなことがありましたか」というただし書きがあり、14の設問がある。その最初は「酒が原因で、大切な人との人間関係にひびがはいったことがある」というもので、「ある」は3・7点、「ない」はマイナス1・1点。判定は、2点以上が「きわめて問題多い重篤問題飲酒群」で、マイナス5点以下は「まったく正常の正常飲酒群」。で、小島青年の判定は、12・5。2点以上が「きわめて問題多い」テストで12・5点もとるとはすごい。それを告げると社会部記者の井口は「私は十四点だ」と言い「高得点を祝って、いっぱい飲みにいくかね」と誘うからおかしい。いや、笑っている場合ではないのだが、こういうブラック・ユーモアが随所にちりばめられている。

 後ろのほうではレポートが挿入されたりと、小説としては異色の構成であることも書いておく。特に強い印象を残すのは、入院して禁酒していた小島が久々に酒を飲むシーン。アルコールが体にしみわたっていく描写が鮮やかで忘れがたい。吉川英治文学新人賞の受賞作だ。

新潮社 週刊新潮
2021年1月21日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加