【気になる!】新書『我が人生の応援歌 日本人の情緒を育んだ名曲たち』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が人生の応援歌

『我が人生の応援歌』

著者
藤原 正彦 [著]
出版社
小学館
ジャンル
文学/日本文学詩歌
ISBN
9784098253876
発売日
2020/11/26
価格
990円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『我が人生の応援歌 日本人の情緒を育んだ名曲たち』

[レビュアー] 産経新聞社

 数学者でエッセイストの著者によれば、日本には情緒溢(あふ)れる歌が諸外国より多く、「子々孫々へと受け継がれて欲しい」とも。本書では、自らも歌ってきた歌とその思い出をつづる。

 信州で育った著者の愛唱歌「千曲川旅情の歌」、宝塚歌劇団への憧(あこが)れを募らせた「すみれの花咲く頃」、虜(とりこ)となったNHK朝ドラのモデル・古関裕而作曲の「長崎の鐘」、美空ひばりの天才ぶりを確信した「津軽のふるさと」…。

 30以上の童謡、唱歌、流行歌、詩などにまつわる喜怒哀楽の数々。その絶妙な筆致に引き込まれる。(藤原正彦著、小学館新書・900円+税)

産経新聞
2021年1月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加