『ぼくがアメリカ人をやめたワケ』ロジャー・パルバース著、大沢章子訳

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくがアメリカ人をやめたワケ

『ぼくがアメリカ人をやめたワケ』

著者
ロジャー・パルバース [著]/大沢章子 [訳]
出版社
集英社インターナショナル
ISBN
9784797673937
発売日
2020/11/26
価格
1,980円(税込)

書籍情報:openBD

『ぼくがアメリカ人をやめたワケ』ロジャー・パルバース著、大沢章子訳

[レビュアー] 産経新聞社

 「身の回りのあらゆるこまごまとしたことがらが氷解する瞬間」-。それを「至福のとき」とよぶべき「間」の一つととらえ、自らの人生を振り返りながら、歩んできた時代と世界をつづる。

 祖国アメリカを去り、オーストラリアで新たな国籍を取得。東欧と日本にも暮らし、作家、演出家、教授という国際文化人となった。「文化の移民」だからこそ出会えた見聞に満ちている。

 異邦に安住を見いだす。人種の壁の中で活躍した米国の日系人俳優、マコ岩松ら映画人の逸話には、自らにも必要だった共感の力が色濃くにじむ。(集英社インターナショナル・1800円+税)

産経新聞
2021年2月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加