【気になる!】文庫『オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉

『オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉』

著者
阿川 佐和子 [著]/大石 静 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784167916190
発売日
2020/12/08
価格
682円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉』

[レビュアー] 産経新聞社

 脚本家のオオイシとエッセイスト、作家のアガワという「無敵のオバサン」コンビが「喉(のど)が嗄(か)れるくらいおしゃべり」した対談本。アガワが「なぜ、還暦すぎて入籍したのか」を明かせば、かつて婚外恋愛に夢中になったオオイシからも赤裸々告白が飛び出す。

 さらに、「家族」「死」「更年期」「下着、美容」「仕事」への向き合い方など名言、至言の数々に爆笑、驚愕(きょうがく)、圧倒の連続。

 文庫版付録として、2人のなれそめから知る担当編集者による「対談・誕生秘話」も笑える。(阿川佐和子、大石静著、文春文庫・620円+税)

産経新聞
2021年2月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加