『境界線』中山七里著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

境界線

『境界線』

著者
中山 七里 [著]
出版社
NHK出版
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784140057155
発売日
2020/12/16
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

『境界線』中山七里著

[レビュアー] 産経新聞社

 東日本大震災から7年が経過したある日、宮城県気仙沼市の海岸で女性の遺体が発見された。遺留品の身分証から、女性は県警捜査1課警部・笘篠誠一郎の妻という。妻は震災の津波で行方不明だった。現場に急ぐ笘篠。しかし、まったくの別人だった。なぜ妻の身元が流出し、騙(かた)られていたのか-。捜査する笘篠のもとに、新たな遺体発見の一報が入る。

 震災10年を前に刊行された社会派長編。震災に翻弄された人々の人生の岐路を濃密に描いた。今作は宮城県警シリーズ2作目。前作『護(まも)られなかった者たちへ』は今秋に映画化が予定されている。(NHK出版・1600円+税)

産経新聞
2021年2月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加