【気になる!】コミック『ひろぽと暮らせば』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひろぽと暮らせば

『ひろぽと暮らせば』

著者
三丁目いちこ [著]
出版社
ワニブックス
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784847099663
発売日
2020/11/26
価格
1,320円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】コミック『ひろぽと暮らせば』

[レビュアー] 産経新聞社

 愛知県在住の主婦が、70代後半で認知症を患い、84歳で他界した義理の父・ひろぽ(ホントはひろし)と家族の心温まる日々を描いたコミックエッセー。

 認知症と診断後も「家族にとって癒やしの存在」だったひろぽを観察・記録していた著者が「老いと介護を笑い飛ばせ!」をモットーに面白エピソード、ホロリとさせる話も紹介する。

 「食事に大好きなカキフライが出ると、『ありまとね』を言い続ける」など物忘れやとっぴな行動の数々。「大変だったけど楽しかった」と振り返る著者一家の姿に、老いや介護への向き合い方も教えられる。(三丁目いちこ著、ワニブックス・1200円+税)

産経新聞
2021年2月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加