【気になる!】文庫『矜持(きょうじ) 警察小説傑作選』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矜持

『矜持』

著者
大沢 在昌 [著]/今野 敏 [著]/佐々木 譲 [著]/黒川 博行 [著]/安東 能明 [著]/逢坂 剛 [著]/西上 心太 [編集]
出版社
PHP研究所
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784569901008
発売日
2021/01/12
価格
858円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『矜持(きょうじ) 警察小説傑作選』

[レビュアー] 産経新聞社

 編者によれば、2000年代以降、書き手が爆発的に増え、人気も一向に衰える兆しのない警察小説。本書は、その初心者からマニアまで満足できる作品を選んだアンソロジー。

 今野敏の「熾火」は「安積警部補」シリーズで初めて刑事課に配属された安積を描く。大沢在昌の「水仙」は「新宿鮫」シリーズ唯一の短編集収録作で、鮫島警部と中国人美女の謎めいた交流で読ませる。

 さらに佐々木譲、黒川博行、安東能明、逢坂剛の人気シリーズから選んだ作品など全6編を収録。いずれも捜査に向きあう警察官の信念にしびれる。(西上心太編、PHP文芸文庫・780円+税)

産経新聞
2021年2月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加